老犬に噛まれても夜中に起こされても可愛いのは家族だから。

私の家には15歳になる老犬がいます。柴犬の女の子です。
昔は本当にやんちゃで活発元気だったのですが、ここ最近はもう目も悪くなり大人しくなりました。

この子を飼ったばかりの時は、こんなに元気でウルさくて大丈夫かな?とよく心配になったものです。
散歩に出掛けたらリードを引っ張り前へ前へと走って、砂場に行けば穴を掘って鼻を真っ黒にしたり、
家にあるクッションを噛みちぎり綿を出して大暴れしたり・・・暴れん坊で落ち着きがなく大変でした。
家族が喧嘩をすると間に入って吠えたり、私が辛いことがあって部屋で泣いていると傍でずっと座ってくれたりした事もありました。
15年以上も一緒にいたので本当に色んな思い出があります。

老犬になってからは昼夜逆転して昼間は大人しくじっとしているのですが、夜になると徘徊して遠吠えするようになって、認知症の症状も出てきました。家族が触ろうとすると噛んできたりもします。
老犬の介護は想像以上に疲れるものですが、今まで私達に沢山の思い出をくれた大事な子なので、噛まれても夜中に起こされても支えていきたいって思えます。
どんな姿になっても愛犬はやっぱり可愛いですよ。残り少ない時間ですが、家族で見守って過ごしていきたいですね。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)