フレミングの左の定め

小学校の娘が、理科の工作の書物を片手に、「これを作りたい」と言ってきました。それは、何となくフレミングの左の慣習を使ったリニアモーターカーのみたいでした。お父さんとして、娘が、理科に興味を持ってくれたことが有難くて、磁石や鉄の棒や要素を買いそろえ、現にやってみたところ、実にうまくいきません。磁石の方向を揃えていなかったようなので、それを修正しましたが、それでもうまくいきません。ついつい、不穏な景色が流行り、最終的には、「ごめん。できない。」と謝りました。
教科書どおりに作ったのですが、何故うまくいかないのか未だにぐっすりわかりません。何しろ、これが文系の視野かとしばらく落ち込んである。娘の注目を落とさないように、お父さんとして精進しなければと思います。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)