文春のスクープはきな臭い

1月に入ったばかりで文春から二つのスクープがあった。ベッキー様の醜聞と甘利大臣の賄賂問い、こういう2つがマルチタスクやるのはいとも異常です。前者の出元は明らかにラインの盗聴でこれは不明朗行き方不可法にふれる悪行です。論点は、悪行とわかりながらプライベートな言及を全国的に促進させることが、レポートの任意とは言え許されるかどうにかです。甘利大臣のスクープは、更に手が込んでいて最初から文春に論文を持ち込むために収録と写真を行ったとしか思えない手口です。
つつもたせに嵌められた場合は、嵌められた義務を取らざるを得ないが、嵌めた皆さんの義務はちっともそっちのけか。こういう二つのスクープにはレポートのルールも正義もまるっきり感じない。感じ取るのは悪意と暴力です。もう一度悪質なのは、ベッキー様の醜聞をかくれみのに用いる節があることです。芸能材料の常で論文の出元は弱く扱われ、さすが、内部に世の否定が集中して掛かる。これは、本命スクープもそうなるようにうわさ操作しているようにも思える。ふたたびいうが、こういうスクープの根はきつくいとも凶悪です。一層混乱が増すような苦悩がしてならない。しかし、多分むかし大きなボロがでて破綻するに差ない。おてんとさまは、嘘つきにそんなには塩辛いのだ。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)